新CHAANYについて

CHAANYについて

カホンメーカーCHAANYの代表・竹内守です。

カホンは一見ただの箱のようですが、カホンを叩いて出る音、その音を組み合わせたリズムには無限の可能性があり、叩く人、聴く人を楽しませます。

CHAANYはそんな「楽しさが詰まった箱」であるカホンを制作しています。

良い音、良い響きを生み出す材質や楽器構造、叩き心地や外観にもこだわっています。

プロの演奏家には最高の音を。

楽器を触ったことのない人には楽器と音の楽しさを提供するため、日々研究を重ねています!

カホンってどんな楽器?

カホンはペルー発祥の打楽器です。

楽器を持つことができなかった黒人奴隷たちが、箱(Cajon)を叩いて楽しんだことが由来です。

またがって叩くだけのシンプルな楽器で、叩く位置や叩き方で色々な音を出すことができ、誰にでも簡単に演奏できます。

近年では認知度も高まり、1パーカッションとしてプロの間でも奏法が研究されています。

また、ドラムのように大掛かりなセットを必要としないため、路上や自宅ですぐに叩いたり、セッションできるのが強みです。

音楽がより身近に感じられる。
それこそがカホンの愛される理由です。

CHAANY誕生ストーリー

最初、カホン作りは趣味から始めました。

元々、CHAANYの発端は、ドラムやカホンなどを叩く弟(あだ名がチャー)のカホンを作ったのがきっかけでした。

「シンプルな箱形の楽器だし、これなら自分でも作れそうだし、事業になるのでは?」と思い、弟・チャーの名前を取り、「チャーの兄」をもじってCHAANYという事業を立ち上げたのです。

けれども、最初の2~3年はほとんど売れませんでした。
振り返ると、当時の品質・技術は、現在のCHAANYでは製品として出すことのできないアウトレット品のレベルでした。売れないのも当然です。

カホンは一見「ただの箱」ですが、叩く方に喜んでもらうレベルになるまでには長い道のりが必要でした。

音作りを研究する

カホンが売れない間、大工仕事や家具作りを教わり建築業を兼業しながら、カホン作りを研究。

研究する中で様々な人の協力を得ながら、「この構造だとこういう音が出るんだ」と音作りについて理解を深めていきました。

事業を立ち上げて3年ほど経った時、アクリル打面のカホン「CHBB Pedro」の発売を機に、楽器店がCHAANYカホンを取り扱ってくれるようになりました。

この頃から、「アクリル打面で珍しいビジュアル」というだけでなく、CHAANYのメーカーとしての品質や音を気に入ってくれる人が少しずつ出てきました。

お客さんの声で
生まれるアイデア

CHAANYカホンを使ってくれる人が増えるにつれて、お客さんの声が集まってくるようになりました。

「こんなカホンが欲しい」「こんな音が欲しい」などの要望。
楽器を演奏する楽しさ。
良い音を追求するプロの意見。

それらお客さんの声を取り入れながら、CHAANYカホンの音作りはますます豊かに、そして洗練されていきました。

CHAANYは「今までにない機能や見た目」にもこだわってカホンを作っていますが、それらの半分以上は、お客さんの要望や声に耳を傾ける中で生まれてきたアイデアだと思っています。

自分で生み出したものはない

このように振り返ってみると、CHAANYが世に出しているものの中で、自分が生み出したものはほぼ0だともいえます。

音や響き、楽器のことはスピーカー職人に教わりました。
楽器を叩く喜びや楽しさ、技術、アイデアはお客さんから教わりました。

お客さんといっても、ミュージシャンだけではありません。
楽器の素朴な楽しさは、むしろ素人の人たちから教わっていることも多いです。

楽器を叩いたことのないような主婦。そして、無邪気にカホンを叩く子どもたち。

その人たちの「楽器って楽しい!」という声が、CHAANYカホンを生み出す原動力になっています。

CHAANYが
大切にしていること

CHAANYは、人とのかかわりを大切にしています。
人とかかわるためにカホンを作っているといっても過言ではありません。

カホンづくりをする上で、色々な人とのかかわりがCHAANYを助けてくれました。

制作してくれている従業員、スタッフ、お客さん、近所の方たち、業者の方たちとのかかわり。
どれ1つ欠けても、今のCHAANYはありません。

カホンが人とのかかわりを生み出す。
だからこそ、真剣にものを作る。

CHAANYは1ミリも妥協せず、徹底して良い音と品質を追求します。
人と命がけでかかわる真剣さが、CHAANYのものづくり精神に反映されているのです。

CHAANYの企業情報

事業名CHAANY
設立2011年10月
代表者竹内守
所在地長野県岡谷市大栄町2丁目5-15
TEL0266-55-3521
Eメールinfo@chaany.jp

このデザイン、他と違う。

オリジナルのカラー・デザインで、
愛着が湧くカホン作り。

「実際に叩いて音を確かめたい・・・」

そんな方には、送料のみで利用できる
レンタルカホンサービスをおすすめします!